2017/05/07

企画をたてる方法とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』
The following two tabs change content below.
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』




PVモンスターに限らず、記事を書く際には企画をたてると、より良い記事を書く事ができます。

企画がすべてといってもよいほどに、これは大切なことです。

では、どうやって企画をたてればよいのでしょうか?

キーワードを選ぶ

まずはキーワードを選びましょう。

  • 1キーワードでは難易度がはね上がります。
  • 2キーワードや複合キーワードの方が検索されやすくなります。

決めたキーワードで、検索してみる。

そのキーワードでどんな記事が書かれているかを調べる事が大切です。

上位記事をよむことで、決めたキーワードが、どのような傾向にあるのかをつかみます。

ターゲットを選定する。

そのキーワードで狙うターゲット(ペルソナ)を決めます。

キーワードにもよりますが、具体的に設定すると、より「ささる」記事にする事ができます。

検索ニーズを探る

このキーワードは一体どういうことのために検索されているかを探ります。

つまり、この検索ニーズに答えることが、そのキーワードで読まれる記事なのです。

記事のアウトラインを決める

上記のことをふまえて、自分が今から書く記事のアウトラインを決めます。

こういう記事を書こう、ときまれば、いよいよ企画書へ!

企画のテンプレートを利用する

PVモンスターの企画提出画面には、企画の例(フォーマット)が用意されています。

これを自分のテキストエディターなどにコピペし、空白部分を埋めるだけで企画書が完成してしまう優れものです。

是非利用してみましょう。

コチラの記事に詳しく解説しています⇒【PVモンスター】企画の立て方のポイントとは?【フォーマットを利用しよう!】

企画書を提出する意味

企画書は、クライアントとあなたを結ぶ唯一の手段です。

もしも、よりよい記事を書くために聞きたいことや疑問があれば、企画書内に書いてみてもよいと思います。

このとき、大事なのは、「いい記事を書きたい」「クライアントのためになりたい」という思いです。

納得のできる企画書ができたら提出しよう!

ポチっと提出ボタンを押せば完了です。

PVモンスター事務局から「回答がありました」のメールを待ちましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』
 

Copyright© PVモンスター研究所 , 2016 All Rights Reserved.