2017/05/27

基礎講座(3日目)~ターゲットの選定

 

この記事を書いている人 - WRITER -
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』
The following two tabs change content below.
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』

今日はターゲットの選定についてです。

検索結果をざっと見ただけで傾向とターゲットが見えちゃう審眼の持ち主は今日のメソッドは不要です(笑)
うらやましいですね!

私はいつもターゲットをどうするかで相当悩みます。
広く行くか、狭く行くか、どこまで絞るか、思い切って、
ターゲットを選定せず思いのままに書くのか・・・。

悩んじゃうことありませんか?

そんな場合に手助けとなるのが、ダウンロードしていただいた
「キーワードから企画を立てるまでに使える!簡単シート」です。

【2日目】の宿題として、タイトルの検索結果を20件(または10件)書き込んでもらいました。
今日は、ここから、ターゲットを選定していこうと思います。

◇検索結果から見えてくるターゲットとは?◇

キーワードを見たときにあなたもイメージするとおもいます。

「こんな記事になるかなー?」

そのイメージはちょっと横において、
検索結果から次の2つを見つけましょう。

上位記事の傾向(2つ)
ターゲットと検索ニーズ

◇上位記事の傾向を見つける

まずは、検索上位から順にサイトを見ていきます。
すると、「どの記事にも書いてあること」に気が付くと思います。
これが「大傾向」です。

そしてもう一つ、「全部ではないけれど多くの記事にかかれている事」を探します。
こちらは、いくつかあるかもしれません。

その中で、特に際立っているもの、もしくは、これからも必要とされていく物を選びます。
これは「中傾向」あるいは、「敵対傾向」とでもいいましょうか。
「大傾向」と真逆、というのもありえます。

この2つ目の傾向は、これから記事にしていく上で、
柱となる考えを深く掘り下げる際の助けになります。

助けなら、たくさんあったほうがいいんじゃないの?
と思うかもしれません。

しかし、あまりにたくさんの要素を詰め込むのは良くないのです。
なぜなら、「本当に言いたいこと」がぼやけてしまうからです。
なので「2つ」見つけてください。

◇ターゲットと検索ニーズ

傾向が見つかると、自然とターゲットも見えてきます。

ここでは、ターゲットと同時に検索ニーズも見つけます。
やってみると分かるのですが、この2つはセットになることが多いです。

「◯◯」したい「年代」+「誰か」
「△△」に悩む「年代」+「こういう人」

この「」に入るものを考えてみましょう。

例えば、

シミの予防をしたい30~50代の女性
急に髪が薄くなったと感じるようになった30代男性

などです。
できれば文章形式にしてみましょう。

◇文章にしたほうがいい理由【初心者向け】

例えば「シミの予防」「30代女性」でもいいですよね?
検索ニーズもターゲットもはっきりわかります。

ですが、「1記事が書き上がらない」
とお悩みの初心者さんは、文章にすることをオススメします。

「1記事が仕上がらない」と悩んでいる人は、できないのではなく、訓練が足りないだけなのです。

ですので、なんでも文章にする事が大切です。
特に、2つ以上のワードがある場合は、くっつけて1文にする癖をつけましょう。

この時、大切なのは
「意味の通る文にする事」
「出来る限り簡潔にまとめること」
この2つです。

◇上位検索の傾向・ターゲットと検索ニーズ

これらが分かると、自ずから記事の方向性が見えてくると思います。

これから、旋風を起こす記事にする、という目的の人は別ですが、
PVモンスターや、アフィリエイト記事のように、
「依頼先の企業」があり「ユーザーにそれに関する情報を届ける記事」を書く場合は、
この、上位検索傾向を無視してはしっかり読まれる記事になることはありません。

なぜなら、世の中の流れを無視して制作しても意味が無いからです。
記事は、読まれなければ意味が無いのです。

自分のブログ記事なら、それでいいかもしれません(よくはないですが)。
記事を書くからには、少しでも多くの人に読んでもらいたいですよね?

なら、やはり、世の中の流れを無視してはいけないのです。

ただ、このままでは、上位に表示されている記事のままです。

今までは「上位表示されている10記事の要素をすべて詰め込んだ記事にすれば他を凌駕できる」
という方法が流行っていました。

たしかに、網羅性という意味では一番になります。
「すべての要素を詰め込んだ」からです。

しかし、これはユーザーにとって、本当に役に立つのでしょうか?

読んだ人の役に立つ記事。

これから、さらに重要視されていくポイントになることでしょう。

明日は、この「ユーザーの役に立つ記事」についてです。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

◯今日の宿題

・上位記事の傾向
・ターゲットと検索ニーズ

この2つを導き出してみる。

タイトルの書き出しをしていない場合でも、検索上位を見ていくだけでこれはできます。
ぜひ、書いてみたいキーワードで実践してみてくださいね。

☆AKKOに質問☆
今日の内容がわかりにくかったら、ぜひ実践結果とともにメールしてください。

その場合は、
「検索したキーワード」
「上位記事の傾向」
「ターゲットと検索ニーズ」

「分からない部分」
を添えて、このメールに返信してくださいね。

メッセージだけでも大歓迎です(*´ω`*)

この記事を書いている人 - WRITER -
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』
 

Copyright© PVモンスター研究所 , 2017 All Rights Reserved.