2016/12/15

【簡単】YOUTUBEの貼り付け方と、記事を書く際の注意

 

この記事を書いている人 - WRITER -
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』
The following two tabs change content below.
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』

記事を書いていると中にYOUTUBEの動画を掲載したい時がありますよね。

そのYOUTUBEの貼り方について解説します。

1)貼りたいYOUTUBEを探す。

2)YOUTUBEの共有コードをコピーする。

youtube01

3)このコードを記事内の表示したい位置に貼り付ける。

youtube02

この場合、テキストに貼ってもいいですが、ビジュアルに貼り付けるとこのようにすぐさま反映されます。

いかがでしたか?
簡単でしょう!

YOUTUBE貼り付けの際の注意点

YOUTUBEを貼るときに注意してほしいことが3つあります。

社会的に公開して良いものかどうか

ユーザーの役に立つか

クライアントの役に立つか

上の2つは当然のことですよね?
注意してほしいのは3つ目です。

何の記事を書いているのか考えてみてください。
自分のために書いているなら、いいのです。
アフィリエイトや、依頼を受けた記事を書く場合、クライアントから提供され動画なら問題ないのですが、自分で探してきた場合、その動画自体に広告が含まれている場合があります。

また、クライントのライバル製品が使われている場合があったりします。

企画を立てる段階でお伺いできれば質問し、そうでない場合は、最大限に注意を払っていただきたいと思います。

「そんなこと、私が考えなくてもいいじゃない?」

では、だめですよ~。

この記事を書いている人 - WRITER -
akko
神奈川在住の主婦ライター。 やる気と根気と元気があれば、ぜったいできます。 -「成功するまでやれば成功」なのだから。 好きな言葉は『為せば成る!』
 

Copyright© PVモンスター研究所 , 2016 All Rights Reserved.